マウスピース矯正のメリット・デメリット どこで治療を受けても同じなの?|淡路島(淡路市・洲本市)の歯医者|粟田歯科医院

ブログ BLOG

マウスピース矯正のメリット・デメリット どこで治療を受けても同じなの?



インビザラインをはじめとして、マウスピース矯正は目立ちにくい、痛みが少ないなど多くのメリットがあります。メリットが多い反面、マウスピース矯正には「歯を大きく動かすのが苦手」「飲食時にマウスピースを外す必要がある」などのデメリットも存在します。


デメリットを知らず、メリットのみに着目してマウスピース矯正を受けてしまうと、「思っていたのと違った」「こんなのだったら、マウスピース矯正なんて選ばなければよかった」とがっかりしてしまうケースも。


マウスピース矯正を受ける際はメリットのみではなく、デメリットも事前に知っておくことが大切です。


マウスピース矯正でがっかりしないために、今回は「マウスピース矯正の特徴・メリット」および「マウスピース矯正を受ける前に知っておきたいデメリット」についてお話しします。


■マウスピース矯正の特徴・メリット


◎「目立ちにくい」「痛みが少ない」など、マウスピース矯正には多くのメリットがあります

マウスピース矯正は透明なマウスピースを用い、歯並びを整えます。透明&取り外し式のマウスピースを用いることにより、マウスピース矯正には以下のような多くの特徴・メリットがあります。


・目立ちにくい

・ワイヤー矯正と比べて、矯正中の痛みが少ない(※)

・矯正中、マウスピースを外していつも通りの食事を楽しめる

・ワイヤー矯正と比べて、矯正中の食事の制限が少ない

・矯正中、マウスピースを外してしっかり歯を磨ける


(※)矯正中の痛みの感じ方は個人差があります。


■マウスピース矯正を受ける前に知っておきたいデメリット


◎マウスピース矯正にはデメリットも存在します

目立ちにくい、痛みが少ないなど、従来のワイヤー矯正(目立つ、痛みを感じやすい)と比べて、マウスピース矯正はメリットが多いです。


メリットが多い反面、マウスピース矯正には以下のようなデメリットも存在します。


デメリット①重度の出っ歯、重度の受け口など、全体の歯を大きく動かす必要がある重度の歯並びの乱れには対応できない場合がある


マウスピース矯正はやわらかいマウスピースを用いて少しずつ歯を動かし、歯並びを整えます。金属製のワイヤーでギュッと歯を締めるワイヤー矯正と比べて、マウスピース矯正は歯にかける力(矯正力)がマイルドです。


矯正力がマイルドなため、重度の出っ歯、重度の受け口など、抜歯をして全体の歯を大きく動かす必要がある重度の歯並びの乱れにはマウスピース矯正では対応できない場合があります。


{独自技術の「アタッチメント」により、インビザラインは重度の歯並びの乱れに対応できる可能性があります}


全体の歯を大きく動かすのが苦手なマウスピース矯正ですが、インビザラインは別です。


インビザラインは独自技術であるアタッチメントを用いることで歯を動かす力を高められます。アタッチメントの付与により、インビザラインであれば重度の出っ歯、重度の受け口などの重度の歯並びの乱れに対応できる可能性があります。


デメリット②マウスピースの装着時間を守らないと、矯正の効果が薄れることがある


インビザラインをはじめとするマウスピース矯正では、1日20時間以上、マウスピースを装着しなければなりません。


定められた装着時間を守らなかった場合、しっかりと歯が動かず、矯正の効果が薄れることがあります。


デメリット③飲食の度にマウスピースを外す必要がある


水を除き、マウスピース矯正中は、飲食の度にマウスピースを外す必要があります。ガムや飴、糖分が入った飲み物などのちょっとした物でも飲食の度にマウスピースを外さなければなりません。


患者さまによっては、マウスピースの取り外しをわずらわしく感じてしまうことも。


デメリット④飲食の度にマウスピースを外して洗う必要がある


飲食時にマウスピースを外したときは、マウスピースを流水で洗ってから再装着しなければなりません。


飲食の度にマウスピースを洗う必要があるため、患者さまによっては「お手入れがめんどくさい」と感じてしまうことも。


デメリット⑤奥歯の沈み込みが起きることがある


マウスピース矯正ではマウスピースを歯にかぶせて装着します。


マウスピースを歯にかぶせるという特性上、マウスピース矯正ではマウスピースの厚みによって奥歯の沈み込み(圧下)が起きることがあります。


奥歯が圧下したとき、または、奥歯の圧下が予測されるときは奥歯の箇所のマウスピースを部分的に切り取り、圧下を防ぐ処置を行う場合もあります。


■マウスピース矯正はどこで治療を受けても同じ?


◎十分な知識や技術を持たない、経験不足の歯科医師によるマウスピース矯正の失敗も

近年では、十分な知識や技術を持たない、経験不足の歯科医師によるマウスピース矯正の失敗が起きていることが医療ニュースにて報じられています。


<マウスピース矯正の失敗例>


・歯並びは整ったものの、口元の突き出しが治らなかった

(口ゴボ(いわゆるゴリラ顔、顎無し顔)を治せなかった)

・思っていたよりも歯並びが整わなかった

・歯並びは整ったものの、噛みにくさ(噛み合わせの乱れ)は改善されなかった


◎歯科医師の知識や技術、経験はマウスピース矯正の治療結果を左右する大きな要素です

インビザラインはフルデジタル式マウスピース矯正です。歯型取りから治療計画の立案、マウスピースの作製まで、インビザライン矯正ではすべての治療工程をアプリや機械が行います。


上記のように聞くと、患者さまによっては「すべてをアプリや機械がするなら、マウスピース矯正はどこで治療を受けても同じじゃないの?」と思われる方もいらっしゃいます。


たしかに、インビザラインはフルデジタル式のため、どのクリニックを選んでも一定水準を満たしたマウスピース矯正を受けられる可能性が高いです。


ただし、インビザライン矯正で診察を行い、実際に患者さまに接するのは歯科医師です。すべての治療工程をアプリや機械が行うインビザラインですが、治療計画の立案・修正には歯科医師が関与します。


インビザライン矯正を成功に導き、理想の歯並びを得るためには、歯科医師に矯正(インビザライン矯正)に関する知識や技術が備わっていることが前提条件になります。


矯正に関する知識や技術に加えて、これまでに行ってきた矯正治療の経験も大事な要素です。経験はかならずしも矯正の結果を左右しませんが、経験があるに越したことはありません。


インビザライン矯正の経験が多い歯科医師であれば、患者さまによって異なる歯並びや顎の骨の状態をしっかりと見極められ、適切な矯正治療を行える可能性が高いです。


【インビザライン矯正のクリニック選びでお悩みの方はお気軽にご相談ください】


淡路島の粟田歯科医院では淡路・洲本にお住まいの地域の皆様を中心に、各種の矯正治療をご提供しております。フルデジタル式のマウスピース矯正「インビザライン」をはじめとして、ワイヤー矯正、部分矯正にも対応可能です。


当院の矯正はインビザライン・プラチナエリート・プロバイダー(年間80症例以上)の資格を持つ認定医が治療を担当します。経験豊富な認定医により、お子さま(6歳頃)~ご高齢の方まで、お1人お1人に適した矯正をご提案いたします。


淡路・洲本で矯正治療をお考えの方は粟田歯科医院までお気軽にご相談ください。相談費は無料です。


粟田歯科医院
歯科医師
⇒経歴はこちら

BLOGブログ

一覧
  • 2024.02.20
    ネットを検索すると、インプラントに関して以下のようなネガティブなキーワードがでてくることがあります。 …[read more]
  • 2024.02.10
    インビザラインをはじめとして、マウスピース矯正は目立ちにくい、痛みが少ないなど多くのメリットがあります…[read more]
  • 2024.01.20
    「インプラント治療を受けたいけど、高くて悩む...」 「インプラントの治療費を節約する方法はないのか…[read more]