根管治療なら淡路市の粟田歯科医院

根管治療 END

根管治療について

むし歯が進行した場合に行う
治療です

むし歯治療は、基本的に歯が悪くなった部分を削り取り、詰め物をして治療終了となります。しかし、むし歯が神経まで進行してしまい炎症を引き起こしている場合は根管治療を行います。歯の根の部分には神経が通っている細い管があり、むし歯が進行することでその管の中にまでむし歯菌が入り込んでしまいます。根管治療では、管の中を徹底的に掃除して、むし歯に感染した部分を取り除き消毒していきます。

このような場合はご相談ください

  • むし歯が進行してズキズキ痛む
  • 歯肉から膿が出ている
  • 抜歯するしかないと言われた
  • 神経を取ったのに歯ぐきが腫れている

当院の根管治療

歯科用CTを使用した正確な診断

根管治療において正確な診断は必要不可欠です。
治療前に歯科用CTによる3次元データを撮影することで、2次元データでは確認することができなかった根管内の構造を把握することができます。精度の高い根管治療を行うために、歯科用CTを使用して正確に診断を行います。

拡大鏡による精密治療

当院では、カールツァイス社製の拡大鏡を使用して治療を行っています。拡大鏡を使用すると、肉眼では確認することができない部分まで拡大して確認することができます。その為、肉眼では見落としてしまう部分を発見できることもあります。
根管内は入り組んでおり非常に複雑な構造なので、拡大鏡を使用することで精密治療が可能になります。

こだわりの器具を使用した
根管治療

根管治療では、神経を除去するためにファイルという専用の器具を使用して治療を行います。当院では、「Cプラスファイル」という通常の根管治療で使用するファイルと比較して垂直圧に対しての抵抗が強く曲がりにくいファイルと、「ニッケルチタンファイル」という柔軟性を兼ね備えより正確に神経の除去をすることができるファイルを使用して治療を行います。

丁寧なカウンセリング

治療を開始する前に必ずカウンセリングを行います。根管治療は、現在のお口の中の状態をしっかりと把握することがとても重要です。お口の中の状態を把握した上で、なぜこの治療が必要なのか、どのような治療を行うのかを分かりやすく丁寧にご説明させていただきます。ご説明にご納得いただけましたら治療をスタートしますので、ご安心ください。

大切なのは再発を防ぐこと

精度にこだわり、
治療を行っていきます

根管治療において最も重要なことは、悪くなってしまった部分を完全に取り除き、しっかりと除菌・消毒を行うことです。
少しでも細菌がお口の中に残ってしまうと治療が終了しても再発してしまったり、抜歯をしなければいけなくなってしまうこともあります。根管治療を行う時は制度にこだわって治療を進めていきます。

ラバーダムを使用した
再発防止治療

根管治療を行って細菌を取り除いたとしても、治療中に何かしらの原因で菌が付着し、再感染を引き起こしてしまうこともあります。
当院では、治療時にゴム状のラバーダムを歯に装着して治療を行っています。治療中の歯だけをシートの外に露出させるため、根の中に細菌が再侵入しないように清潔に保ちながら治療を行うことができます。

根管治療の流れ

STEP01
治療の前に、CTやレントゲン撮影を行い現在のお口の中の状態を把握します。
検査結果と患者さまのご要望を元に治療計画をご提案させていただきます。
治療前にご不安なことがありましたら何でもご相談ください。
STEP02
歯の表面のむし歯部分を取り除きます。
神経スペースに穴をあけて、根管治療を行いやすいようにします。
STEP03
細菌感染予防のラバーダムを装着して、リーマーと呼ばれる専用の器具で汚染された歯髄や歯の根の部分に溜まっている膿を徹底的に除去していきます。その後、根管内に行きわたるように形を整えてから消毒を行います。
STEP04
消毒が完了したら、根管内全体に高い密封性で細菌の感染防止を抑制する薬をつめて菌が入り込まないように根管を閉じます。当院では、水酸化カルシウムを使用しています。
STEP05
根管内が密封できていることが確認できたら、歯の土台となるコアを入れて補強を行います。
その上から詰め物・被せ物を装着して治療は終了です。