歯医者なら淡路市の粟田歯科医

院長・スタッフ紹介 STAFF

院長紹介

院長

粟田隆史

Takafumi Awata

患者さまにとって
安心できる、本当に良い治療を
ご提供いたします

数ある歯科医院の中から当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。粟田歯科医院の院長、粟田隆史です。
当院では、患者さまにより安全で安心できる治療をご提供したいと考えております。その為に、新しい治療方法を積極的に勉強し、一般の歯科医院にはなかなか設置されていない医療機器も完備しています。
何かお悩みのことがある場合はぜひ一度当院までご相談ください。

「患者さまにとって、安心できる本当に良い治療とは何だろう」
歯科医師になった頃から常に頭の片隅に置き、より良い治療を実現できるように新しい技術や知識を取り入れてまいりました。
大学卒業後の研修医になった頃、南カルフォルニア大学の名誉教授でもある恩師のセミナーに参加し、補綴、根管治療、歯周病、小児歯科について専門的に学び、大学院コースを卒業しました。大学で学びきれなかった専門的な知識や技術は、休日を返上して習得をしていたことが、現在の治療に対しての考え方の土台となっています。また、インプラントの認定医、指導医の資格も取得しており、多くの症例に対応してきた実績があります。再び噛める喜びを取り戻すことができた患者さまの笑顔を思い浮かべながら、より良いインプラント治療とは何かを日々考え学んでおります。一般の歯科医院では治療が難しい症例でも当院では治療を行うことができるかもしれません。ぜひご相談ください。

略歴

昭和54年
大阪星光学院高校 卒業
昭和60年
大阪歯科大学 卒業
昭和60~63年
東京都霞ヶ関ポストグラデュエートコース卒業(南カリフォルニア大学大学院コース)

資格・所属学会

  • ISOI国際口腔インプラント学会 専門医・指導医
  • DGZIドイツ口腔インプラント学会 日本支部 専門医・指導医

歯科医師紹介

歯科医師

藤本朋大

Tomohiro Fujimoto

歯で困らない人生をサポートする
これが私のミッションです

歯科医師の藤本朋大です。
どうすれば、地域の方々が『歯で困らない人生をおくれるのか』
淡路島の歯科医療に従事する歯科医師として、日々心においているキーワードです。
皆さま、このようなイメージをお持ちではないでしょうか?
10-20代『全部自分の歯』
30-40代『奥歯が一本むし歯で抜かないといけないことに』
50-60代『むし歯や歯周病で歯が抜けてしまい、ブリッジや部分入れ歯が入っている』
70-80代『歯が一本もなく、総入れ歯の方もおられる』
果たしてこれは人間である以上、仕方のない変化なのでしょうか。
実際は、文献を紐解くとこれらの変化は予防的なアプローチにより大幅に改善できることが分かっています。
(数値的には管理下の元、30年で失われる歯は1本以下)
大切なのは『悪くなる前に予防すること』
定期的な歯科医院への通院と日々のセルフケア(フッ素を伴ったブラッシング・フロッシング)で実現可能と考えています。
歯みがきの仕方やその習慣化をサポートできるのは地域の歯科医院に他なりません。
淡路島の皆さまが『歯で困らない人生』をおくるためのサポートを歯科医院を通してご提供したいと思っております。

略歴

平成26年
大阪歯科大学 卒業
平成27年
大阪歯科大学 有歯補綴咬合学講座
平成30年
医療法人愛進会 ゆたに歯科クリニック 院長
令和2年
医療法人愛進会 ゆたに歯科クリニック・エル歯科クリニック千里丘 統括院長
医療法人社団 粟田歯科医院 勤務
志筑小学校 学校歯科医
中田保育園 保育園歯科医

資格・所属学会

  • 日本歯周病学会 会員
  • 日本保存学会 会員
  • 大阪歯科大学 歯周病学講座 非常勤研修医
  • 若手育成スタディクラブ FSC(Fujimoto Study Club)会長
  • インビザライン・プラチナ・プロバイダー認定

歯科医師

藤本結衣

Yui Fujimoto

生まれ育った地で
恩返しができるように

歯科医師の藤本結衣です。
幼少期より父の歯科医師として働く姿を間近で見る機会が多く、歯科治療に関心を持つようになりました。
歯科大学を卒業後は、歯科臨床の魅力に引き込まれていき、多くの症例を経験致しました。

特に、問題が起こる前に予防する予防治療の考え方を大切にしています。
生まれ育ったこの地に貢献したい、そんな思いで日々研鑽し、診療にあたっています。
※現在は育児休暇中

略歴

大阪歯科大学 卒業

京都大学医学部附属病院 歯科口腔外科にて研修

南和歌山医療センター 歯科麻酔科 勤務

兵庫県内の歯科医院 勤務

医療法人社団 粟田歯科医院 勤務