当院の根管治療|淡路市の歯医者|粟田歯科医院

ブログ BLOG

当院の根管治療

歯科用CTを使用した正確な診断

根管治療において正確な診断は必要不可欠です。
治療前に歯科用CTによる3次元データを撮影することで、2次元データでは確認することができなかった根管内の構造を把握することができます。精度の高い根管治療を行うために、歯科用CTを使用して正確に診断を行います。

拡大鏡による精密治療

当院では、カールツァイス社製の拡大鏡を使用して治療を行っています。拡大鏡を使用すると、肉眼では確認することができない部分まで拡大して確認することができます。その為、肉眼では見落としてしまう部分を発見できることもあります。
根管内は入り組んでおり非常に複雑な構造なので、拡大鏡を使用することで精密治療が可能になります。

こだわりの器具を使用した
根管治療

根管治療では、神経を除去するためにファイルという専用の器具を使用して治療を行います。当院では、「Cプラスファイル」という通常の根管治療で使用するファイルと比較して垂直圧に対しての抵抗が強く曲がりにくいファイルと、「ニッケルチタンファイル」という柔軟性を兼ね備えより正確に神経の除去をすることができるファイルを使用して治療を行います。

丁寧なカウンセリング

治療を開始する前に必ずカウンセリングを行います。根管治療は、現在のお口の中の状態をしっかりと把握することがとても重要です。お口の中の状態を把握した上で、なぜこの治療が必要なのか、どのような治療を行うのかを分かりやすく丁寧にご説明させていただきます。ご説明にご納得いただけましたら治療をスタートしますので、ご安心ください。