根管治療の流れ|淡路島(淡路市・洲本市)の歯医者|粟田歯科医院

ブログ BLOG

根管治療の流れ

STEP01
治療の前に、CTやレントゲン撮影を行い現在のお口の中の状態を把握します。
検査結果と患者さまのご要望を元に治療計画をご提案させていただきます。
治療前にご不安なことがありましたら何でもご相談ください。
STEP02
歯の表面のむし歯部分を取り除きます。
神経スペースに穴をあけて、根管治療を行いやすいようにします。
STEP03
細菌感染予防のラバーダムを装着して、リーマーと呼ばれる専用の器具で汚染された歯髄や歯の根の部分に溜まっている膿を徹底的に除去していきます。その後、根管内に行きわたるように形を整えてから消毒を行います。
STEP04
消毒が完了したら、根管内全体に高い密封性で細菌の感染防止を抑制する薬をつめて菌が入り込まないように根管を閉じます。当院では、水酸化カルシウムを使用しています。
STEP05
根管内が密封できていることが確認できたら、歯の土台となるコアを入れて補強を行います。
その上から詰め物・被せ物を装着して治療は終了です。

BLOGブログ

一覧
  • 2024.03.20
    「インプラントは安定性が高いって聞くけど、何で?」 「そもそも、インプラントってどんな構造でできてい…[read more]
  • 2024.02.20
    ネットを検索すると、インプラントに関して以下のようなネガティブなキーワードがでてくることがあります。 …[read more]
  • 2024.01.20
    「インプラント治療を受けたいけど、高くて悩む...」 「インプラントの治療費を節約する方法はないのかな?」…[read more]