当院のインプラント治療|淡路市の歯医者|粟田歯科医院

ブログ BLOG

当院のインプラント治療

ISOI国際口腔インプラント学会専門医・
指導医
DGZIドイツ口腔インプラント学会
日本支部専門医・指導医
による
精度の高い
インプラント治療を提供します

インプラント学会専門医・
指導医
としての豊富な経験

当院の院長はISOI国際口腔インプラント学会専門医・指導医、DGZIドイツ口腔インプラント学会日本支部専門医・指導医の資格を持っており、患者さまの身体や歯に負担をかけないことを第一に考え治療を行います。
これまでの豊富な経験を元に、現状はもちろん、将来的にも患者さまの負担にならない治療をご提供させていただきます。

インプラント指導医とは

学会が認めた学術大会や研修会などに参加し、試験に合格してインプラント医療に関し適切で十分な学識と経験を有すると認められ、認定医条件をすべてクリアすると認定医となります。認定医となったあと、さらに深い学識と技能を有する医師に交付されるのが指導医です。指導医には、インプラントの長いキャリア、症例数などの厳しい条件があります。

セミナー研修で
技術を学び続けています

世界と比べると、日本の歯科医療はまだまだ遅れています。インプラントも予防処置も、海外のほうが格段に進んでいます。インプラントは10年、予防処置は30年遅れているとも言われています。それにはさまざまな原因があるのですが、その不利益を被っているのは患者さまであり、それはとても悲しいことです。
当院では、セミナーには積極的に参加し、先端の技術を学び続けています。世界水準の歯科医療を実践することにより、みなさまのお口の健康を向上させ、より良い人生を送るお手伝いができることを心より願っております。

治療の幅を広げるために日々の研鑽は怠りません

患者さまに適切な治療を施すためには、歯科医師がそれに応えるだけの選択肢を持ち合わせなくてはなりません。いくら経験を重ねても、日進月歩の歯科医療に対して常に学ぶ姿勢を忘れては、先端の治療技術を提供することはできないでしょう。当院では、先端の歯科技術の習得には情熱を持って取り組んでいます。患者さま一人ひとりのご要望にお応えすべく、今後も”治療の引き出し”を増やしていきたいと思っています。今後も患者さまのために、治療の選択の幅を広げる努力を続けていきます。

ISOI国際口腔インプラント学会への参加

当院の院長は現在もなお、インプラント治療のさらなる研究のため、国際口腔インプラント学会に参加しております。これからも一層勉強に励み、患者さまの満足度を高めていけるような知識を習得していきたいと思います。

ISOI国際口腔インプラント学会とは

国際口腔インプラント学会「International Society of Oral Implantology」は、患者さまの利益と安全を常に考え、学会員の知識の向上に貢献できる場を提供し、歯科医療の発展に大きく寄与することを目標とする組織です。ヨーロッパにおいて最大最古の歴史を持つインプラント学会「DGZI」の日本支部も併設しています。

他院で治療を断られた方も
ご相談ください

当院の院長は、日本でも数少ないISOI国際口腔インプラント学会専門医・指導医であるため、他の歯科医院では治療ができない症例や大学病院でしか治療を行うことができない難症例にも柔軟に対応することができます。インプラント治療でお困りの方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

インプラント専用の
手術室を完備

インプラント治療において、手術中の感染対策が非常に重要になります。感染対策が不十分だと、治療部分が細菌に感染してしまい、炎症を引き起こす可能性があります。これらが原因となり、インプラントと骨が接合しなくなったり、埋め込んだインプラント体が抜けてしまう恐れもあります。そのようなことが無いように、感染対策に配慮した手術室を完備し、より安心できる治療をご提供しています。

こだわり抜いた
インプラントメーカーを使用

当院では、多くの治療実績がある歯科医師が日本人の顎の形状に適したインプラントを使用しています。また、患者さま一人ひとりの顎の形状や骨の状態によって使用するインプラントメーカーを変えて治療を行っています。

安心の保証制度

安心してインプラント治療を行っていただくため、当院では10年以内の保証期間を設けています。上部構造は7年までの保証、それ以後は10年以内でしたら年数によって保障内容は変わりますが、責任を持って対応させていただきます。保証期間後も、3年間は50%保証となります。ただし、定期的なメンテナンスに通われていることが条件となりますので、インプラントの保証制度については、お気軽にお問い合わせください。

先端のレーザー治療器を導入

インプラント手術時の切開や殺菌、治癒を促進する効果が期待できる「ウォーターレーズMD(レーザー治療器)」、抜歯後すぐにインプラント体を埋入する際などに歯周病菌を殺菌するために使用する「ぺリオウェイブ」など、他院ではあまり置いていない機器を使って、質の高いインプラント治療を実現しています。ウォーターレーズMDは、名品自動車Mercedes Benz AMGとアメリカ航空宇宙局NASAが開発の全過程を提携して開発した製品で、歯ぐきや歯、骨までも削ることができる治療器です。痛みが少なく、治療時間が短いのも特徴です。

安全な治療を実現する機器

歯科用CT

CT撮影装置とコンピュータ処理により、撮影データを3次元的に構築し、骨の状態などを正確・高精度に診断できる装置です。これにより、従来の一般的な歯科用レントゲンでは判別が難しかった骨の厚みや密度までも簡単に計測できるようになり、より高度な治療が可能となりました。

バリオサージ
ピエゾサージェリー

バリオサージ(外科用超音波骨切削器)、ピエゾサージェリーは、インプラント手術を安全・確実に行うためには欠かせない道具となってきています。血管や神経などの軟組織を傷付けることなく、骨だけを切削できる道具です。

生体モニター

手インプラント手術や抜歯の際に、血圧・脈拍・血中酸素飽和度・心電図などを同時に把握できる機器です。全身の状態を迅速に把握しながらの治療が可能ですので、特に心臓疾患などの有病者の方や高齢の方、治療に不安をお持ちの方も安心して治療を受けることができます。