当院の予防処置|淡路市の歯医者|粟田歯科医院

ブログ BLOG

当院の予防処置

歯科衛生士担当制の導入

当院では、歯科衛生士担当制を導入しております。
同じ歯科衛生士が毎回担当することで、患者さまのお口の中の少しの変化にも気づくことができ、むし歯や歯周病の早期発見・早期治療に繋げます。
一人ひとりの状況に合わせて、適切な予防処置を行いますのでわからないことがあれば担当の歯科衛生士にご相談ください。

歯科医院で行う

プロフェッショナルケア

スケーリング

歯の表面に付着した汚れや歯周ポケットに入り込んでしまった汚れをきれいに落としていく処置のことをスケーリングといいます。
毎日行う歯みがきだけでは落としきれない汚れは蓄積すると歯石となり、やがてむし歯になってしまうため、スケーリングで歯石を除去してむし歯を予防します。

PMTC

専用の機器で歯と歯の間の汚れや表面に付着した汚れを徹底的に除去していきます。PMTCを行うことで、歯の表面がツルツルになり、汚れが付着しにくくなります。
また、汚れがしっかりと落ちるので本来の歯の白さに近づくことができます。施術中の痛みはなく、お口の中がすっきりするので歯のエステとも言われています。

歯周ポケットチェック

歯と歯肉の隙間の歯周ポケットの深さは、歯周病が進行していくにつれてどんどん深くなっていきます。
歯周ポケットの深さを専用の細い器具で計測し、歯周病になっていないかのチェックを行うことができます。

フッ素塗布

フッ素には、歯の再石灰化やエナメル質を強化する作用が含まれており、歯に直接塗布することでむし歯予防になります。
また、知覚過敏の方にも効果的な処置です。
フッ素塗布というとお子さまが行うイメージが強いかもしれませんが、大人の方にも効果的です。

ブラッシング指導

患者さま一人ひとりのお口の中の状況に合わせて、適切な歯みがきの方法をご説明させていただきます。
また、実際に使用する歯ブラシや歯みがき剤の選び方もアドバイスさせていただきます。
磨き残しの少ない正しい歯みがきの方法を身につけて、むし歯や歯周病を防ぎましょう。

ご自宅で行う

セルフケア

毎日の歯みがき

予防の基本は毎日ご自宅で行う歯みがきです。
歯みがきをどれだけ丁寧に正しい方法で行うかでむし歯や歯周病になるリスクが変動します。
歯科衛生士が一人ひとりにあわせてブラッシング指導を行いますので、ご自宅で意識して取り組むようにしましょう。

補助清掃用具

毎日の歯みがきに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助清掃用具を活用するようにしましょう。
また、夜間寝ている間にも細菌は増えていきます。就寝前にマウスウォッシュやデンタルリンスを使用してお口の中を清潔に保つようにしましょう。

食習慣の見直し

よく噛んで食事をすることで、唾液がたくさん分泌されむし歯予防に繋がります。また、だらだら食事をすることもむし歯になりやすい状態が長く続いてしまう為気をつけましょう。
何気なく飲んでいるジュースやスポーツドリンクにもむし歯になりやすい糖分が多く含まれています。
できるだけお水やお茶を飲むように心掛け、甘い物の食べ過ぎ飲み過ぎに気をつけましょう。